« 2005年10月 | トップページ

2006年4月 2日 (日)

7回目の桜の季節♪

060122tone018r_1 060122tone066t 060122tone037r 大雪利根川♪

060304tone001r 060318tone007t 060318tone031t 陽春の足音♪

 僕が生まれてからもう7回目の桜の季節がまた巡ってきた。いつも言うけど僕達が待ちに待った季節だ。今年の冬はまさに厳冬だった。各地に大雪が降り、一月にはあの利根川も一面雪の原と化した。おやじに連れて行ってもらったが、真っ白な雪原を走るのが嬉しくて仕方がなかった反面、寒さには震えた。爪先にも氷の塊が出来たのは初めての経験だった。利根川と言えば、ここ2年ほど、ウィークエンドの朝会がすっかり定着した。毎週いつものメンバー達に会えるのがすごく嬉しいし、また、一年を通して最低でも週一回、同じ場所の同じコースを散歩していると、不思議にも自然の移り変わりを肌で感じるようになる。先週よりも今週、今週よりも来週と、次第に大地がツンツンと冷たくなって行く初冬、逆に大地が次第に温かさと緑を増していく立春、そして緑濃く生い茂る河原に朝から灼熱の太陽が照りつける夏、僕達の肉球を通じて地面の変化がまさに手に取るようにわかる。それは四季そのものだ。利根川の水の流れも四季それぞれの表情を見せる。ブッシュには鳥はもちろんウサギもいるし野鼠もいて、僕達の狩猟意欲を駆り立てる。その意味では僕は幸せだ。都会のアスファルトの歩道を毎日散歩するのと比べれば、本当に環境に恵まれているし、そういう場所に定期的にいつも一緒に行ってくれるおやじには心から感謝している。ビバ利根川なのだ!

 

060402sakura_014060328sakura01 おやじが、「パルの気まぐれ日誌」を今流行のWEBLOGに移行してくれた。今まで半年も面倒くさがって日誌をつ けないこともしばしば・・・でもこれからは好きな時に簡単に僕のひとりごとを聞いてもらえる。バセンジーとしての思いをたくさん伝えて行きたいと思っている。でも更新は一月に一度くらいかなぁ。バセンジーは日記つけるより遊んで走り回るほうがずーーっと好きだから・・・・皆さん、これからもよろしくね♪

|

« 2005年10月 | トップページ